ゴーストレストラン事業

1つのレストランを複数業態でシェア。
挑戦に、新たなカタチを。

都内にて、デリバリーやオンライン販売を目的としたゴーストレストランを運営。
販売したい商品はあるがキッチンを所有していない事業者の方に、
空間や調理器具、人材の提供をしています。

アスラボのゴーストレストラン 2つの特徴

圧倒的な拠点開発スピード

JR東日本様をはじめとした、大手電鉄、デベロッパー様との協業により、鉄道沿線や主要都市での拠点開発を行っています。スピード感を持って、相当数の拠点開発を行うことを計画しており、既に、新宿、渋谷、新大久保といった都心での展開、駒澤大学といった住宅エリアでの展開、さいたま新都心、博多など東京以外の主要都市での事業展開が決定しております。今後半年で30拠点の開設を目標としており、あらゆるエリアニーズに応える体制を早期に構築していきます。

様々な人や企業が関われる仕組み

デリバリー事業に挑戦したい人や企業のあらゆるニーズに応えるため、様々な形で参加できる仕組みを構築しております。代表的な3つの例をご紹介いたしますが、これ以外に参加できる仕組みもございます。是非お気軽にお問い合わせください。

・初期投資のいらないキッチンを借りて、デリバリー事業を開始
Ex)初期投資なくデリバリーで独立したい料理人に方既にデリバリー事業を開始して、初期投資なく、エリアを拡大したい企業様など

・アスラボのノウハウを活用しFCでの事業
Ex)既存レストランで、デリバリー事業を展開したいがノウハウが全く無い場合デリバリー事業をやってみたが、商品が無い、売れる商品が解らない場合

・レシピや商材の提供のみの商取引
Ex)自社商材を提供して、ライセンスビジネスをしたいレストラン、食品メーカー様地方の食の事業者様で、関東圏など違うエリアで商品を流通させたい場合など